上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年1月12日にハイチを襲ったマグニチュード7.0の大地震の被害は、現在の推定で死者15万人に上り、家を失った人々は150万人と言われています。
今、ハイチで必要とされているのは緊急救援部隊と医療援助ですが、中期的には、以前から問題だったマラリアの感染者が相当増えると予想されています。
テントや屋外生活を送る国内避難民の体調は衰弱しており、感染を止める予防策が取られていないためです。
マラリアを含む複数の疾病への懸念は、ハイチ入りしている救援チームによって既に表明されています。

ハイチの人々をマラリア感染から守るため、私たちも協力しましょう。

アゲンスト・マラリア基金は、ハイチ募金専用の募金ページを作りました。
http://www.AgainstMalaria.com/HaitiEarthquake
このページからの募金は100%、ハイチ大地震被災者のための蚊帳の購入に充てられます。
必要な時、必要な場所に蚊帳が届けられるよう、適切な団体やパートナーと連携を図り、支援を行います。
必要とされる金額が大きいことが予想されるため、2万5千ドルを目標に募金を始めます。

ぜひ募金に参加してください。
皆様のご厚意に心より感謝致します。

アゲンスト・マラリア基金
http://www.AgainstMalaria.com

ハイチでの蚊帳の配布(地震前)
↑ハイチでの蚊帳の配布(地震前の写真です)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。